SOSHIN
japanese English
HOME 特定商取引法に基づく表記 サイトマップ セキュリティポリシー
SOSHIN 株式会社創新
ノックスドール エンジン 会社案内 お問い合わせ
HOMEノックスドールノックスドール制振遮音コンパウンドノックスドール3100/3101施工要領
ノックスドールトップ
ノックスドール防錆剤
ノックスドール防錆剤 公式 施行マニュアル
ノックスドール制振遮音コンパウンド
制振遮音コンパウンドについて
船舶施工事例
鉄道施工事例
乗用車国内施工事例
クーリングタワー国内施工事例
モーターメーカー事例
重機施工事例
パイプライン施工事例
ノックスドール3100/3101施工要領
ノックスドール3100/3101施工機材
ノックスドール耐火剤
ノックスドール断熱剤
ノックスドールケーブルコンパウンド
木材保存剤
メールオーダー
お問い合わせ
ムービーコンテンツの再生には「WindowsMediaPlayer」が必要です
ノックスドール 下記のムービーコンテンツをご利用になる方は
「WindowsMediaPlayer」をインストールしてご利用下さい。
ノックスドール3100/3101施工要領
施工ムービー

水性・制振遮音コンパウンド簡易施工ガイド

・Noxudol3100及び3101の施工方法について

1.素地調整

2.下塗り

ゴミ、サビ、油分、汚れの除去

-除去剤-
ノックスドール
・コールドディグリーザ
・ミリュー10

サビ止めプライマーの刷毛/スプレー塗り

亜鉛引き鋼板やアルミ素材にはプライマーは必要なし

   

4.製品状態

3.製品外観

<乾燥前>
ゲル状・クリーム色

-注-
製品はメーカにて適正粘度に
調整済(希釈不可)

(1)1Lカートリッジ缶(3100)
(2)20Lペール缶(3100・3101)
(3)エアゾール

   

5.開封後の処置(攪拌)

6.施工方法

ゴミの混入や缶内部を傷つけないように高粘度用ミキサー等でよく攪拌してください。

-推奨-
初回⇒約1〜3mmまで(Wet)
2回目以降⇒約2〜4mmまで(Wet)
※厚塗りし過ぎると乾燥後ひび割れや剥離の可能性があります。

   

7-1.刷毛塗り施工

7-2.スプレー施工(推奨機材)

ヘラ等を利用すると塗り易いです。材料を吸ってしまうローラ刷毛などは推奨の膜厚を取りづらい場合があります。

9.へ

推奨機材
作業性

高圧のエアレスを用いると作業性は格段に上がります。

   

8.スプレー施工(高圧エアレス)の場合

・推奨エアレス機材

エアレス本体

エキストリーム45:1 グラコ製

スプレーガン

コントラクターU グラコ製

チップ

ラック5 グラコ製

チップ番号

325〜439番

エア圧(エアレス側)

0.3MPa(約3kg)

※乾燥:1.5〜2.5mm厚の場合、気温20℃〜23℃で約6h〜8h
※推奨機材は予告無く変更になる場合があります。

・高圧エアレスノズル別吐出例

1.塗布面とノズル
との距離

30cm

2.塗布面の塗り幅

18cm

3.塗布面の膜厚
(Wet:一回塗り)

1,250μ

1.塗布面とノズル
との距離

30cm

2.塗布面の塗り幅

25cm

3.塗布面の膜厚
(Wet:一回塗り)

2,300μ

1.塗布面とノズル
との距離

30cm

2.塗布面の塗り幅

24cm

3.塗布面の膜厚
(Wet:一回塗り)

1,400μ

   

9.施工中の注意

10.施工面(施工直後)

施工一旦休止の場合はスプレーガン及びヘラなどは水に漬け、硬化を防止してください。

施工後自然乾燥が促進しない場合、送風機等を利用すれば乾燥が促進されます。


-参考-
温度35℃・湿度5%の送気ができれば乾燥促進されます。

施工直後

送風機等

   

12.施工面(完全硬化状態)

11.施工面(2回目施工可能状態)

右の状況なら2回目の施工が可能です。また、塗料の上塗りも可能です。

-注-
塗料は全ての他製品をテストしておりません。必ず目立たない部分で相性のテストをして上塗作業を行ってください。

完全制振
効果状態

右の状況なら2回目の施工が可能です。低温・高湿度の場合さらに乾燥をさせます。

-参考-
温度34℃
湿度51%
塗り厚0.7mm(一回塗)
右画像は約40分後

2回目施工
可能状態

   

13.施工後の処置

施工終了後は水にて機材の洗浄をしてください。
また、施工中の飛び散り汚れは乾燥前であれば水で除去が可能です。

※本ガイドは施工上/性能上の全てを保証するものではありません。

ページトップへ
Copyright 2015 SOSHIN co.,ltd.