SOSHIN
japanese English
HOME 特定商取引法に基づく表記 サイトマップ セキュリティポリシー
SOSHIN 株式会社創新
ノックスドール エンジン 会社案内 お問い合わせ
HOMEノックスドールノックスドール防錆剤1L専用ガンの取り扱い方法
ノックスドールトップ
ノックスドール防錆剤
ノックスドールの実例
乾燥タイプ防錆剤との比較
都市間高速バス経過.1
都市間高速バス経過.2
ノックスドール防錆剤の選び方
製品特徴リスト
製品組み合わせ
製品選択フローチャート
ノックスドール防錆剤施工要領
オイルベース施工手順書
オイルベース施工手順(ムービー)
ウォーターベース施工手順書
ウォーターベース施工手順(ムービー)
施工上の注意
1L専用ガンの取り扱い方法
ノックスドール施工機材の提案
Noxudol UM-1600
Noxudol 1100
ノックスドール防錆関連商品
豊富なラインナップ
ラストイーター施工手順(ムービー)
ノックスドール防錆剤 公式 施行マニュアル
ノックスドール制振遮音コンパウンド
ノックスドール耐火剤
ノックスドール断熱剤
ノックスドールケーブルコンパウンド
木材保存剤
メールオーダー
お問い合わせ
ムービーコンテンツの再生には「WindowsMediaPlayer」が必要です
ノックスドール
1L専用ガンの取り扱い方法

施工準備

1.供給エア圧を5kg/c?? 8kg/c?の範囲内で使用。
エア圧が高い場合必ず減圧弁を使用してください)

2.ガンのみにエアを送り、空吹きをしてノズル/パイプ/空気穴等に目づまりが無いことを
必ず確認
してください。

3.缶を良く振り、キャップを外し、アルミ膜をドライバ等で破り、ドライバ等で内部もよく攪拌
ガンをしっかり挿入する。

使用方法

1.ノズル装着は一旦奥まで挿入し、8mm前後を目安に前に戻す。(塗布環境に合わせた状態で調整)

2.ノズルの挿入し過ぎ、エア供給圧の高低、レバーの引き過ぎにより、防錆剤が出づらい場合があります。

I図(1リットルカートリッジガン全体)

I図(1リットルカートリッジガン全体)

<施工中に吹きが悪くなった場合は>

1.缶よりガンを必ず抜き、ノズルの先端を指で押さえゆっくりレバーを引くとII図のように還流しパイプの目づまりは解消します。

2.1.の方法で解消しない場合、III図の通り分解洗浄してください。

II図(還流洗浄)缶から必ず抜いた状態

II図(還流洗浄)
缶から必ず抜いた状態

<使用後のガンは>

1.パイプを洗浄液容器に入れゆっくりレバーを引き、ノズルから洗浄液を吹いて必ず内部洗浄をしてください。(必ずしもしっかり装着の必要は無い)

2.3日間以上の長期間保管する場合はIII図?IV図の通り分解し内部まで必ず洗浄してください。

III図(パイプの取り外し)

III図(パイプの取り外し)

IV図(ガン分解後)

IV図(ガン分解後)

<最適塗布エア圧>

5kg/cm2?8kg/cm2


<メーカ指定洗浄剤>

Noxudol 700/300
1.ミリュー10 \2,600
2.コールドディグリーザ \1,800

Noxudol 750/900/UM-1600
1.コールドディグリーザ \1,800
2.ホワイトスピリット \1,500


<同梱物>

1.ガン本体
2.アンダーコート用ノズル


<準備して頂くもの>

1.ニップル(エアチャック)
2.モンキーレンチ
3.洗浄剤
4.シールテープ
5.減圧弁(エアトランスフォーマ)

V図 準備して頂くものと同梱物

V図 準備して頂くものと同梱物

ノズル・パイプ・空気穴が「目づまり」等で塞がれた場合、供給エア圧が缶内部に供給され、缶の変形・破裂等の原因となる場合があります。

ページトップへ
Copyright 2015 SOSHIN co.,ltd.